オススメ

【Macのスクリーンショット】アプリ&ショートカットキーの使い方まとめ

Macでスクリーンショットしたい人の悩み

✅スクリーンショットのやり方がわからない

✅スクショアプリの使いかたがわからない

✅スクリーンショットする範囲を指定したい

✅スクショデータの保存先がわからない

こんな悩みを解決します。

スクリーンショットとは、モニタに表示されている画像を撮影する機能。

略してスクショといったり、パソコンの場合キャプチャともいいます。

この記事では、

・スクリーンショットアプリの使いかた

・ショートカットキーを使ったスクショ

・データの保存場所の指定方法

このようなことを解説します。

まずは、「スクリーンショット操作の基本」からご覧ください。

Macのスクリーンショット操作の基本

スクリーンショット操作の基本

まずは、スクリーンショット操作の基本を確認しておきましょう。

スクリーンショット画像の保存場所

・スクリーンショット画像の保存先はデスクトップ。(アプリで変更可能)

・controlを押しながらスクリーンショットすると、クリップボードに保存されます。

スクリーンショット操作の流れ

STEP①:ショートカットキーを押す or アプリを起動する

STEP②:範囲などを指定し、スクリーンショットする

STEP③:画面右下に通知がでたらスクリーンショット完了

※通知は数秒間表示されて、消えた後にフォルダに保存されます。

※この通知を「フローティングサムネール」といいます。

フローティングサムネール

・「フローティングサムネール」が表示している間に、フォルダへドラッグしたり、クリックして画像編集できます。

・「フローティングサムネール」の表示/非表示は「スクリーンショット」というアプリで設定可能(次の章で解説)。

アプリをつかってスクリーンショットする

アプリをつかってスクリーンショットする

Macには標準で「スクリーンショット」というアプリが用意されています。

このアプリは、スクリーンショット(静止画)はもちろん動画の収録も

できちゃう優れもの。

使いかたもとてもカンタンなのでぜひ使ってみてください。

アプリ「スクリーンショット」の起動

「command」キー + 「shift」キー + 「5」を押す

または、Launchpadから「スクリーンショット」を起動する。

すると、画面下に「スクリーンショット」アプリのメニューが表示されます。

スクリーンショットメニュー

基本設定

スクリーンショットをする前に、各種設定をします。

メニューの「オプション」から設定しましょう。

オプションメニュー

設定できる項目

・スクリーンショット画像の保存先

・タイマーのあり/なしと、長さ

・フローティングサムネールを表示する/しない※1

・最後の選択部分を記憶する/しない

・マウスポインタを表示する/しない※2

※1:フローティングサムネールとは、スクリーンショットしたときに

画面右下に出る通知のこと。

※2:スクリーンショットをするときに、マウスポインタを表示するか

指定できる。(画面全体のスクリーンショットのみ

 

設定が完了したら、早速スクリーンショットしましょう。

スクリーンショットする範囲は次のとおり。

・画面全体

・ウィンドウごと

・範囲を自由に選択

順番に解説します。

画面全体を取り込む

メニュー:画面全体を取り込む

画面全体をスクリーンショットしたいときは、メニューの1番左を選び

1番右の「取り込む」を押すかキーボードの「ENTER」を押せばOKです。

選択したウィンドウを取り込む

メニュー:選択したウィンドウを取り込む

メニューの左から2番目を選び、スクリーンショットしたいウィンドウに

カーソルを合わせて、マウスをクリックまたは「ENTER」でOKです。

画面下のメニュー(Dock)もスクリーンショットできます。

選択部分を取り込む

メニュー:選択部分を取り込む

スクリーンショットする範囲を自由に選択したいときは、メニューの3番目を

選び、取り込みたい場所を枠で囲みます。

選択できたら、1番右の「取り込む」を押すかキーボードのENTERを押せばOKです。

アプリをつかわずにスクリーンショットする

アプリをつかわずにスクリーンショットする

アプリを使わずスクリーンショットにはショートカットキーをつかいます。

アプリと同じように以下の範囲をスクリーンショット可能です。

・画面全体

・ウィンドウごと

・範囲を自由に選択

順番に解説します。

スクリーンショット画像をクリップボードに保存したいときは、

「control」キーを押しながらスクリーンショットしましょう。

画面全体をスクリーンショット

画面全体をスクリーンショットする手順は、

まず、スクリーンショットしたい画面を表示した状態で

「command」キー + 「shift」キー + 「3」を押します。

画面右下に通知(フローティングサムネール)が

でたらスクリーンショット完了です。

(画像の保存先はデフォルトではデスクトップ。)

※保存先は「スクリーンショット」アプリの「オプション」で変更できます。

・保存場所の変更はアプリの「オプション」から。

範囲を指定してスクリーンショット

指定できる範囲は2種類です。

・範囲を自由に選択

・ウィンドウ単位

範囲を自由に選択

まず、「command」キー + 「shift」キー + 「4」をおす。

すると、カーソルが十字と円を重ねた形になります。

この状態で、スクリーンショットする範囲をドラッグで自由に選択しましょう。

マウスのクリックボタンを離せばスクショ完了です。

「スペース」キーを押しながらマウスを動かすと選択範囲が移動します。

 

ウィンドウ単位

まず「command」キー + 「shift」キー + 「4」を押して離す

そして「スペース」キーを押すとカーソルがカメラのアイコンに変わります。

最後に、取り込みたいウィンドウまたは下のメニュー(Dock)を選んで

クリックすればOK。

スクリーンショットされたウィンドウには影があります。

影が不要な時は「option」キーを押しながらクリックしましょう。

Macでスクリーンショットする方法まとめ

Macでスクリーンショットする方法まとめ

それぞれのスクリーンショットについてまとめます。

スクリーンショットの起動方法

スクリーンショットアプリ command + shift + 5 またはLaunchpadから起動
画面全体 command + shift + 3
自由に範囲選択 command + shift + 4
ウィンドウ単位 command + shift + 4 ⇒ スペースキー

スクリーンショット画像の保存先

スクリーンショット画像は、デフォルトではデスクトップに保存されます。

保存先の変更は、スクリーンショットアプリの「オプション」から。

また、「control」キーを押しながらスクリーンショットすると、

クリップボードに保存できます。

さいごに

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

今回はMacのスクリーンショットについて解説しました。

Windowsのスクリーンショットはこちらの記事にまとめています👇

スクリーンショットはアプリ&ショートカットで簡単【 windows10】Windows10をお使いのかた、スクリーンショットでお悩みではないですか?この記事では、スクリーンショットのアプリ・ショートカット・範囲指定・データの保存先について解説しています。この記事を読めばスクショ(キャプチャ・ハードコピー)の悩みはすっきり解決します!...

スクリーンショットのほかにも、便利なショートカットキーがたくさんあります。

意外と知らないものも多いので、一度チェックしてみてください👇

【ショートカットキー】Windows/Macの比較一覧表【キーボード】
【ショートカットキー】Windows/Macの比較一覧表【キーボード】WindowsとMacのショートカットキーって、似ているようで結構ちがう!そこでこの記事では、ウィンドウズとマックのショートカットキーを比較した表を作成しました。WindowsPCに慣れたかたも、Macのパソコンに慣れたかたも、この記事でスムーズにショートカットキーを探すことができます。...